i vision optometry ENGLISH
HOMEivision 眼鏡ivisionコンタクトレンズivision検眼ivisionビジョンセラピーivision保険についてivision便利情報ivisionよくある質問ivision受付フォームivision会社概要


戻る

目と視力について

目薬
 

    

   

                                     

Tear Stimulation Dry Eye drops for Women & Forte (ドライアイ用目薬 女性用&フォルテ)

Q. 他の目薬とどのような違いがあるのでしょうか?

A. ドライアイ用の多くの目薬は、涙の代用(人工涙液)として使われています。
Natural Ophtathlmicsの目薬は涙の分泌を助け、健康な角膜の細胞をサポートします。
炎症を抑える効果のある処方薬は、同時に免疫力を低下させることもありますので
処方薬を使用する前に、より穏やかな効き目の目薬をまず試すことをお勧めします。

女性の場合、ホルモンのバランスが崩れることにより、ドライアイの症状が悪化することが多々あります。
Natural Ophthalmicsの女性用ドライアイ目薬はホルモンのバランスを整える成分も含まれています。
フォルテの目薬は、まぶたの付け根の炎症改善、充血のより効果のある成分が調合されています。
どちらも、コンタクト装用したままでも使えます。
 

Allergy Eye Drops (アレルギー目薬)

Q. 他の目薬とどのような違いがあるのでしょうか?

A. 他のアレルギー目薬の多くは抗ヒスタミン作用により症状を軽減させるものがほとんどです。
Natural Ophthalmicのアレルギー目薬は、自然なアレルギー反応を刺激することより減感作治療に似た作用をします。
効果が出るまでに時間のかかる一般的な減感作治療と違いほとんどの場合すぐに効き目が出ます。
また、コンタクトレンズ装用中も使用することができます。
防腐剤が入っていないので、1~2月以内に使い切ってください。

Q. どのくらいの頻度で使用すればよいのでしょうか?

A. 必要に応じて頻繁にさしてかまいません。
Natural Ophthalmicのアレルギー目薬は、本来からだが備えているアレルギーの反応を感じにくくする働きに作用します。
症状が出るたびにそのつど目薬をさし、緩和された後にまた症状が出るようであれば再度さしてください。
かゆみが強い場合、一時間おきに1~2滴さし、症状の緩和とともに間隔をあけ目薬が必要なくなるまでさします。
再び症状が感じ始めたら即座にまた目薬を使用します。
いつも決まった季節にアレルギーの出る人は、その2週間前から目薬の使用を始めると予防になります。

小さなお子様にも安心してお使いいただけます。

Copyright © i Vision Optometry. All Rights Reserved. Webdesign by All Vision Production